すべり症・慢性の腰痛

腰椎すべり症とは中高年に特に多い腰痛で、腰椎の慢性的な歪みです。

腰椎を支える「筋肉」「靭帯」「椎間板」等の組織が、

名古屋市の整体・腰痛・腰椎ヘルニア・ぎっくり腰・すべり症・脊柱管狭窄症・骨盤調整・腰椎分離症・慢性の腰痛

歪んだ生活習慣などによって

その「柔軟性」「強度」などを徐々に失ってしまい、

少しずつ腰椎が「主に前方へと」滑っていってしまう現象を

腰椎すべり症といいます。

はじめは「ぎっくり腰」などの急激な腰痛を伴うケースは少なく、

「何となくの違和感や我慢できる痛み」が多い為

「何だかおかしいな・・・変だな・・でも、すぐに良くなるだろう」

「長時間座っていると時々痺れがくるけど、、、少し休めば治まるし、きっと年のせいだろう」

とそのまま症状を腰痛を我慢したり、放置してしまい、

知らない間に慢性痛へと成長してしまう場合が多いのが特徴です。

「腰椎のすべり」の度合いも、「痛み」の度合いも徐々に進行するため

対応が遅れてしまう症状といえます。

なので、「なんだか調子が悪いな…」程度でも接骨院にご相談くださいね!

すべり症の方名古屋市で整体カイロ、マッサージや鍼灸接骨院、整骨院をお探しの方はどうぞ!