野球肘・ゴルフ肘・テニス肘・肘の痛み

様々なスポーツに取り組む人が来院されています。

特に多いのが野球肘や野球肩、サッカー少年の膝の痛み・オスグット・半月板損傷などです。
野球肘(やきゅうひじ)は野球などの投球動作などで
上腕二頭筋及び上腕三頭筋を強く激しく使うことにより発症します。

~野球肘の具体的な痛み・症状~

名古屋市・野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み ボールを投げるときに肘が痛くなる
名古屋市整体・名古屋市野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 練習後に肘が痛くなる
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 肘の内側や外側、後ろが痛い
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 肘が腫れている
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 肘の動きが悪い
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 肘がぐらぐらする
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 肘の中で音がする
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み ボールを投げると肘の内側から小指・くすり指にかけてしびれる
野球肘・野球肩・スポーツ障害・投球時痛い・練習後の痛み 握力が落ちる

名古屋市の整体・野球肘・スポーツ障害・肘の痛み・投球時の痛み・野球



野球の投球動作は肘の内側の筋肉・
靭帯を引っ張るストレスがかかると
同時に、外側には関節を上下から
圧迫するストレスがかかります。

反復した疲労の蓄積により野球肘
症状は進行していきます。

成長段階の子供では、
筋肉・腱の付着部に
成長を司る骨端線があり、
これに引っ張るストレスがかかると
野球肘により骨が
変形することがあります。
野球肘の肘の痛みの多くは使いすぎ程度のものですが、限界を超えると
上記の症状や剥離骨折、筋・腱断裂も起こしかねません。


野球肘の痛みを我慢して練習や試合に出たい気持ちもわかりますが、
野球肘を我慢し続けていてはさらに症状が悪化することもあるので、
練習を少しお休みして早めに来院されることをお勧めしています。

野球肘が良くなっても投球フォームが悪ければ再発することも考えられます。
当整体院では再発をしないように、予防法などもお教えしています。

野球肘だけではなく同じ様に腕などの使い過ぎが原因で起こる肘の痛みに
テニス肘・ゴルフ肘・ソフトボール肘」などがあります。
スポーツの種類は異なりますが、疲労などか蓄積され痛みが出るケースが多いのです。



ストレッチをしましょう

スポーツって楽しいですけれど、ただ日常過ごすよりもハードに体を
使っていることには違いありません。
だからスポーツ前、スポーツ後に必ずストレッチが必要なのです。

ストレッチってみんながやっているのを適当に真似してやっている方も多いと思いますが、
きちんとできていなければ全く無駄なものになってしまいます。


野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などでスポーツを諦めてしまう前に!

我慢をしていても野球肘の痛みは何も解決はしません。無理は禁物ですよ。